基本情報

管理人:log
趣味:アイマス、ウェブページ作成(すべてを公開はできませんが別サイトを作成中)、ブログ作成
職業:P(副業としてブログライター、ウェブ作成)

何かございましたらこちらから連絡ください。

でんしゃののりかた

注意

この文章は見滝原市民のために書かれたものです。また、まどマギファンの方は世界観崩壊に注意して下さい。
ちなみに、一般の人にも役に立つように書かれていますので、はじめての方はこれでマスターしてください。
※電車が半径100キロ圏内にないことを前提とした記述です。

概要

日本の主に都市部では、電車は生活に溶け込んでいます。しかし電車の乗り方がわからなければ何も役に立ちません。 今回は電車ははじめての方向けに、電車の乗り方について詳しく紹介します。

最近では電車に乗りたくない風潮が蔓延していることもあって、電車の乗り方を教わらない人もいるでしょう。 電車に乗らないことがスタンダードとなる中で、電車に乗りたいと思った方は勇者です!

では、電車の乗り方の説明を始めます。

1.切符(きっぷ)の買い方

見滝原の鉄道では無料でモノレールに乗れましたが、見滝原から外に出る場合、つまり電車は別のケースです。 当然無料と言うわけにはいきませんし、交通費と呼ばれるコストがかかります。 切符を買うための。 例えば東京駅から各種首都圏の駅までの費用は、以下の図のようになっています。

tr5-2.jpg
(図1:運賃表)

図の例だと、東京から新宿まで200円かかることになります。 電車に乗るには、まずは切符が必要です。切符がなければ、電車に乗ることはできません。 切符はお金がかかります。運賃については駅探などのアプリで前もって調べるか、自動改札機の上に運賃表があるので それを参照してください。自動改札機がない場合は駅の窓口までお越しください。 一般的に、距離が遠いほどお金がかかります。切符で買う場合でも、前もって運賃を調べることを推奨します。 例えば、上図では東京から八丁堀まで1000円かかります(実際はこれほどかかりませんが)。

2.乗車する電車の選択

tr5-1.jpg
(図2:路線図)

目的地までの切符を買ったら、今度は方向を確かめて適切なホームに進みます。 まずは自動改札に切符を入れてください。無い場合はそのままホームに進んでください(その場合は、駅内で切符のチェックが入ることになる)。 上図の場合に前橋から見滝原まで行く場合は、伊勢崎・桐生・小山方面に向かいます。

このとき、急行や特急に乗ってはいけません。もし乗ってしまうと見滝原に辿り着けません。 伊勢崎と言う見滝原の先の駅に辿り着いてしまいます。

自動改札

改札(かいさつ)は、主に鉄道において駅員や乗務員等の係員や代行機械(自動改札機等)により旅客(乗客)の乗車券の効力を確認した上で既使用に改める行為である-wikipedia
自動改札機の手前に切符の入れ口があります。その中に切符を入れてから、自動改札を通ってください。 切符を買わずに構内に入ったり、自動改札を無理にすり抜ける行為は原則禁止です。絶対にやらないでください。

列車種別

一般的には列車の種別は多種多様ですが、概ね以下の傾向を持っています。

  1. 特急(有料:愛称付の)>特急(無料種別の)>快速急行>急行>準急>快速>各駅停車(ほとんどの私鉄)
  2. 新快速=特別快速>快速>普通>各駅停車(JR東京大阪近郊など)
  3. 快速>普通=各駅停車(その他のJR全般)
  4. 特急>快速>急行>準急>普通(東武,神鉄)
  5. 快特>特急>急行>普通(京急)

この法則を知っているとたいていは通用します。

有料電車について

JR急行や各種鉄道の特急に関しては、有料の可能性があります。前もって調べておきましょう。 特にJRは特急・急行とも有料です。注意して下さい。 個々での有料とは、切符代のほかにかかるという意味です。

3.電車の乗り方

ここで終わりではありません。今度は電車に実際に乗車してみましょう。切符を買って乗る電車を選択する。お疲れ様でした。 △印がホームにあるので、それに挟まれたところに立ちましょう。すると、電車がその位置に来るので、 ドアが開いたら電車に乗りましょう。その際、目的地にたどり着ける列車であることを確認してください。 各駅しか止まらない駅に行くために急行に乗らないようにしてください。

電車のボタンについてボタン

田舎の電車の場合はボタンがあることが多く、ボタンを押さないとドアが開かないこともあります。 ホームについてもドアが開かない場合は、ボタンを押してください。ボタンはドアのすぐ横にあることが多いです。 見滝原線はドア自動開閉式ですが、高崎線(高崎~籠原)などの近郊の路線はボタン式なので注意して下さい。

電車の中でのマナー・行動

電車に乗れば、車内では何をしてもいいわけではありません。魔法少女に変身したり、 キーボードを投げつけたり、AIBOOOOOOと叫んだりしてはいけません。ほむら盾を使って子供のお遊戯王をしてはいけません。 では、どんなふうにすればいいでしょうか?箇条書きで説明します。

  • 席を立っている場合は、吊革や棒に掴まる。
  • 席が空いていたら座っても良いが、横取り厳禁。
  • お年寄りや体の不自由な型に席を譲る。
  • 電車に乗っている間は魔女化しないこと。
  • 車内でソウルジェムを落とさないこと。忘れ物は回収されるとは限りません。
  • 水色の髪の女の子の前でキャバクラ関連の話をしないこと。
  • 携帯電話はマナーモードにして、通話はなるべくしないこと。
  • 椅子にはきちんと座ること。景色見たさに子供座りしないこと。
  • 吊革を使って懸垂したり、腹筋、腕立て伏せ、サッカーをしたりしないこと。
  • 車内で化粧しないこと。
  • 車内でうんまい棒、デスソース、ドリアンをはじめとした食事は避けること。
  • 電車が駅間で止まっても怒ったりしないこと。急行は特にそうなりやすいので注意して下さい。
  • 風邪を引いている時は、ウイルスの媒体にならないようマスクを装備すること。守備力はアップしません。
  • 混雑している時は押されることがあります。そういうときに携帯電話を使わないこと。
  • 車内で花火をしている人が増えていますが、やけどの恐れがあるので絶対にしないでください。
  • 車内で宴会を開くときは、宴会を開いても許される路線であることを確認したうえで行うこと。
  • ドア付近に乗っている時で、電車が混んでいる時は、停車駅ごとに一旦降りて電車の内側の降車客を 降ろしてあげましょう。
tr5-3.jpg
↑迷惑行為は原則としてつつしんでください。

5.電車の降り方

電車から降りるときは、目的地にたどり着く1駅前くらいから準備しましょう。直前だと混雑している電車では降りられない 可能性もあります。見滝原市民が東京に行ったとき、降りられなくて勝浦まで行った報告もあります。

降りる駅に近くなったら、ドア付近に移動すると得です。もし移動できない場合は、失礼しますと言って道を譲ってもらうことが 必要です。目的の駅に辿り着いたら、ドアから降りてください。乗換があるときは乗り換える電車のあるホームに、 乗り換えない時は改札に向かってください。

6.精算方法

切符を目的駅の自動改札に入れれば完了です。もし間違った駅の切符を買っていた場合は、乗り越し精算しましょう。 駅のどこかに乗り越し精算機があります。もしなければ駅員さんに、乗り越し手続きをしましょう。数分以内に終わるので そこまで煩雑ではありません。なお、乗ってからの返金はその性質から言って不可能なので注意して下さい。

さいごに

これで電車マスター!電車に臆さず乗って、憧れの前橋・高崎・小山に行ってみませんか?見滝原から飛び出して、 ぜひ小山でアーバンライフを楽しんでみましょう!

注意

高崎や東京に出て「見滝原出身です」と言うと、「まどマギの見すぎ」などと言われます。 いまだに架空の都市と考えられており、暁美ほむらや鹿目(しかめでなく、かなめ)まどかを引き合いに出されます。 都会ではあるものの、「田舎から来た」に止めておきましょう。超高層ビルの密度は東京新宿は見滝原より大きいので、 東京はものすごく都会かもしれません。

非見滝原市民への注意

※両毛線っぽいですが、両毛線だと書けば見滝原市民がショックを受ける可能性があるためあえて記述しません。
※まどマギファンの方および鉄道オタクへ:嘘が含まれています。わかると思いますが。
※まどマギとは一切関係ありません。
※見滝原はどう見ても東京並み以上に都会に見えます。人口、100万くらいあるんじゃない?(独断)



ソーシャルメディアへの拡散をお願いします。